FC2ブログ

今日は冬至

冬至のことを調べて貼り付けて見ました。↓

この日、北半球では太陽の高さが一年中で最も低くなります。そのため昼が一年中で一番短く、夜が長くなります。この日を境に、一陽来復、日脚は徐々にのびていきます。

この日は冬至かぼちゃを食べて金運を祈り、冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事を各家庭で行います。

◆ゆず湯

ゆず湯に入ると肌がスベスベになる美肌効果があったり、冷え性やリュウマチにも効くし、体が温まってカゼをひかないとも言われています。

 これらの効能は、ゆずに含まれている芳香成分――精油の働きによるもの。ゆずの精油にはピネン、シトラール、リモネンなどの物質があって、これらは新陳代謝を活発にして血管を拡張させて血行を促進。ノミリンなどには鎮痛・殺菌作用があるので、体が温まり、カゼも治るのです。

 また、ゆずにも含まれているビタミンCが肌にいいことは広く知られており、リモネンは皮膚に膜を作って、肌の水分を逃がさないようになっています。みかんの汁が目に染(し)みた!という経験が誰にも少なからずあるだろうけど、実はこのリモネンが原因です。

 他にも香りのいいゆず湯はアロマテラピーのリラックス効果も期待できます。

 でも、ちょっと待ってください、何故、冬至に風呂なのでしょうか。

 この答えは「とうじ」という言葉にあるのです。

 冬至の読みは「とうじ」。というわけで、湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」にかけています。更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているのです。

 5月5日に「菖蒲(しょうぶ)湯」に入るのも、「(我が子が)勝負強くなりますように」という、ゆず湯と同じ「願かけ」なのです。

だそうです。。。

カフェロッシーでは期間限定で「ホットゆず」と「ゆずバニラ」を販売いたしております。両方ともにすこぶる好評でファンができつつあります。冬至とはいえ、ゆず湯はできないよ。という方、カフェロッシーでゆずの香りを堪能し、ゆず湯に入った事にしちゃいましょ♪
ホットゆず、温まりますよ~♪
プロフィール

cafe rossy

Author:cafe rossy
伊勢崎市境女塚、CAFE ROSSY(カフェ ロッシー)のオーナーです。少しずつですがお店のご紹介や日々の出来事などを書いていこうと思います。
ツイッタ-でも随時呟き中
@caferossy

cafe Rossy
営業時間 8時~21時(ラストオーダー20:30)
定休日  火曜日
住所 群馬県伊勢崎市境女塚12-1
TEL 0270-75-6041

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ